わたしは転職前、客先常駐型のSEをやっていました。

聞こえはいいのですが、言ってしまえばただの派遣ですよ、派遣社員。派遣元の会社では正社員として雇われてますけどね。

派遣社員のデメリットの1つなのですが、やはり重要な仕事を任せてもらえない分、スキルが身につかないんですよね。

派遣社員というのはいつ切られるかわからないし、切られた後もすぐに仕事がみつかるかわからないといった不安があります。

早いとこ転職しなきゃ…と思いながら生活していたのですが、スキルも身につかず不安でした。

派遣社員はスキルが身につきづらい?

重要な仕事を任せてもらえない

わたしのような派遣社員に割り当てられる仕事というのは、簡単な仕事ばかりです。簡単にたとえると、誰がやっても仕事の結果にかたよりが出ないようなもの。

  • プログラミングだけ。
  • テストだけ。
  • 設計はすべて正社員の仕事。

本当は設計工程で設計スキルを身に着けたいし、その製品を作るための業務知識を取り込みたいです。会計ソフトなら会計スキルとか、組み込み系なら最新技術の規格とか。派遣先の会社によりますが、設計といった作業はあまり派遣社員には回ってこない傾向にあります

プログラミングができる、テストができる、というのは、言ってしまえばいつでも誰にでも置き換えが可能なポジションです。なので、できるだけ早くそこから脱出したかったのです。

重要な仕事

リーダーになれない

転職活動をしていてけっこう感じたのが、

  • 企業はリーダーを求めている。
  • 正社員はみんな、リーダーを目指す。

ということです。なので、転職で中途採用されるにしても、リーダー経験があるとすごく有利なんだなぁとは感じました。

ですが、派遣社員なんて当然ながらリーダーなんてやらせてもらえるわけないんですよ!

企業視点で考えれば、いつでも切れる要員である派遣社員に、そんな貴重な体験をさせたいはずがないです。できれば正社員を育成させていきたいんです。

これが派遣社員でいることの限界ですね。

経験だけは豊富になる

とはいえ、派遣社員には武器は何もないのか、転職して正社員になるなんて夢のまた夢なのか、というと違います。

扱えるスキルだけは増える

実は派遣社員は扱えるスキルだけは増えるんですよね。わたしは転職時に使用する職務経歴書には下記のスキルを並べました。

  • C/C++/C#
  • SQL Server/Oracle
  • Windows Server/Solaris
  • VxWorks

などなど、これは一部です。このブログを見ている方は技術系の人だと思いますのでなんとなく理解できるかと思います。

アプリもできるしデータベースもできるしサーバもできるし組み込みもできる。いわばなんでもできるんです。

わたし自身もいろんなことを体験してきましたので、アプリ屋は組み込みやらない…みたいな、縦割りの敷居は感じなくなる、抵抗がなくなる、これが派遣社員のメリットの1つです。

スキルの種類

広く、浅くのスキル

いろんなことはできますが、どれもこれも浅いという問題もあります。でもそういった知識の浅さは勉強をすれば埋められるものが多いです。

簡単にたとえると、自転車に最初に乗るのはむずかしいですが、一度乗ってしまえばすいすい乗れますよね。たとえ浅くとも、業務で一度経験したことがあるってのは最初のむずかしいとっかかり部分はクリアできているんです。

…っていうことを武器に、わたしは転職活動を進めていきました。

転職活動での戦い方

大手企業で働いた経験があります!

派遣社員を遣う企業というのは、割りと大手企業であることが多いです。潤沢な資金のある会社ほど、一時的なリソース追加に投資します。

わたしも大手企業で何度か働いたことはありますが、この大手企業で働いたことがあるというのが意外に強みになったいります。

企業が中途採用をほしがる理由の1つには、『今の自分の会社にはないものを取り入れたい』という願いがあります。

そんなとき、大企業がやっている成功の手法を持ち込めたら…強みですね。もちろん、大企業が保有する秘密情報を持ち出してはダメですよ!?

ウソはダメ

なんでもできます!

なんでもできます、というのは諸刃の剣だったりします。企業はなんでもできる人間よりはなにか1点に特化している人を欲しがります。これもかるく上述したように、今までにないものを求めているからです。

それでも!やっぱりなんでもできるっていうのは派遣社員の少ない強みの1つなんですよね。要はアピールの仕方が大切なんです。

  • わたしは組み込みが得意です。
  • ですが、サーバやデータベースの知識・経験もあります。
  • データを意識した組み込み開発ができます!

的な。そんなアピールですね。要は、持っているもの2つ以上をかけ合わせ1つにしてアピールするってことです。

まとめ

  • 派遣社員には重要な仕事は回ってきにくい。
  • ゆえに高いスキルを身につけるのがむずかしい。
  • 逆に派遣社員は多くの企業を回るため、広く浅くの知識・経験がある。
  • 転職時の面接時にはそれを武器にしてみる。

とにかく年収が低かったわたしは転職しかないと思っていたのですが、転職するにもスキルに不安があってためらっていたこともありました。

ですが、実際に転職活動をしてみると意外にも派遣社員だった自分に戦える武器があったんだな、と感じました。というよりは無理やりひねり出したとも言えます。

できないことをできる、とウソを付くのはダメですが、既存のスキルを組み合わせてみる、という考え方はアリだと思います。

ぜひ、あなたが転職する際にはこのテクニックを参考にしてみてくださいね。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、年収低すぎて生活できない、これだけ難しい仕事をこなしているのに…

そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

転職エージェントは複数利用が基本ですが、その中でも候補は絞っておきたいところ。上手に活用して転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につなげましょう。

1位 レバテックキャリア


求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特化した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

2位 マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特価の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

3位 ワークポート

規模の大きいIT特化の転職エージェントの1つ、『ワークポート』です。

最大手の転職エージェントと比較すると目立たない印象はありますが、IT特化型の転職エージェントとしてはメジャーどころに数えられます。

IT業界内の転職でも組み込みからアプリ、アプリから組み込みへの転職はむずかしいこともありますが、未経験の転職に強みがあるのが特徴です。

IT業界内での転職でも、選択肢に幅を持たせるのに向いているといえるでしょう。

おすすめの記事