年収が低い…このままじゃ生活できない…年収をあげるために転職しようかな…。

そんな悩みを抱えてはいないでしょうか?わたしはそういった悩みを抱えた結果、転職をした者です。

転職をするっていったとき、年収があがるという期待もありますが、それ以上にリスクのほうが心配でした。

  • 転職失敗したらどうしよう?
  • 年収が上がるどころか下がったらどうしよう?

転職は不安でいっぱいです。ですが、その不安に打ち勝たなければ現状は何も変えられません。

なので、今回は転職経験者の話を持ち出して、あなたの不安を取り除けるようなお話をしてみます。

SEは転職したら年収あがる?体験談

Aさん

  • 転職前:IT業界(客先常駐の派遣SE)
  • 転職後:IT業界(社内SE)
  • 年収の変化:450万円⇒550万円

Aさんは新卒で客先常駐タイプの派遣SEになりました。

わたしも同じ気持ちですし、おそらくほとんどの派遣SEが思うことなのですが、

  • だまされた!
  • こんなのただの派遣社員じゃないか!

という気持ち。IT業界ってホントに派遣が多いんですよね。正社員として雇われているので詐欺だろ!とも言えないわけです。ホント、派遣会社ってことを見抜けないんですよねぇ…。

Aさんは入った会社が派遣会社だったことにすごく腹を立てていたのを覚えています。結局、派遣SEがイヤだという気持ちが何年も働いていて拭えなかったので、転職を決意しました。

派遣SEって年収がそもそも低いです。でもわたしのような経営傾いた会社の派遣SEではなかったので、わたしより年収は上でした。同じ派遣SEくせに!悔しい!

転職後は社内SEとなり、希望どおり『どこにも派遣されない、出向しない、完全に会社に引きこもり』となりました。

年収も450万円から550万円程度に上がったようです。ただ、Aさんの場合は年収が~というよりは派遣がイヤだったという理由が強かったですね。

転職サイトの広告だと、『社内SEで残業なし年収700万円!』というのを見かけますが、身近では社内SEで年収がぐっと上がったという話は聞かないです。

Bさん

  • 転職前:IT業界(客先常駐の派遣SE)
  • 転職後:自動車部品の製造(工場勤務)
  • 年収の変化:400万円⇒300万円

転職理由は結婚

Bさんもまた、新卒で派遣会社に就職してしまったタイプです。

わたしはBさんの会社の、Bさんの友人とも話す機会がけっこうあったのですが…やはりみんな言うことは同じです。

  • 派遣会社だとは思わなかった
  • だまされた。
  • 就職活動甘く見てたわ。

こういった話ばっかりですね。まぁわたしも同じクチなんですが。

Bさんが転職を決意した理由は結婚でした。年収よりも、相手のご両親が、

  • 派遣社員のところには嫁にやれない!
  • 派遣じゃなければなんでもいい。
  • とにかく派遣辞めろ。

ということでした。いやー、わたしは派遣社員時代に結婚しましたので、心が痛いですねぇ!ついでに言うと、派遣はされていたけど正社員ではあるんですよ!

で、Bさんはとりあえず派遣は辞めました。しかし、結婚を焦ったせいでしょうかね?IT業界も一緒に辞めてしまいました。

Bさんは現在、自動車のとある小さな部品をひたすら作るような仕事をしているのですが、ざんねんながら年収は400万円台から300万円台に下がりました。これは完全に転職に失敗した、と言えるでしょう。

…正直な意見を言いますと、『一般的な職業 < 派遣SE < 正社員SE』です。あくまでも社会全体で見た時、の話です。当然、一般的な職業でも高年収な人もいるでしょう。平均的な意味で、ということです。

派遣SEとはいえ正社員だし、システムエンジニアでさえいれば常にキャリアを積めていますので、転職で年収を上げるのチャンスがあります。

システムエンジニアは社会全体で見れば市場価値が高いほうです。それを放棄してしまうのはもったいないですね。ジョブのミスマッチでもう全然プログラミングわからん!って理由じゃなきゃIT業界はやめないほうがいいとわたしは思います。

Cさん

  • 転職前:IT業界(大手SIer)
  • 転職後:IT業界(社内SE)
  • 年収の変化:500万円⇒550万円

転職理由は人間関係

Cさんはわたしの知っている友人の中でも、新卒入社で成功したタイプの人です。

大手SIerに入ることができたというだけでも上出来なのですが、なんとその翌年には東証一部上場企業となりました!

すげぇ!完全に勝ち組じゃん!とか思っていたのですが、年収は500万円程度と意外に普通な感じでした。

Cさんが転職を決意した理由は年収ではなく、人間関係でした。人間関係はうまいCさんではあったのですが、尊敬する先輩が会社を辞めてしまったため、仕事がつまらなくなってしまったようです。

そして、転職後は社内SEとなりました。Aさんと同じように年収が大幅アップした感じはありません。まぁCさんはもともと大手SIerだったので、派遣SEと比べればベースは高めなんですけどね。

よくあるSE転職系のサイトで社内SEの激推しを見かけますが…。社内SEはシステムエンジニアという開発寄りの人材ではなく、事務寄りの人材であるとわたしは考えています。ゆえに、高額な年収をもらっているイメージがあまりないです。

Dさん

  • 転職前:IT業界(客先常駐の派遣SE)
  • 転職後:清涼飲料、自販機補充
  • 年収の変化:400万円⇒300万円

転職理由はジョブのミスマッチ

またまた派遣SEです。ホント派遣SEばっかりです。

Dさんの転職理由はいたってシンプル。ソフトウェア開発がキライだ!という理由です。

いわゆるジョブのミスマッチですね。

Dさんはそもそも開発がイヤだったということなので、IT業界を辞めてしまいました。もちろん、システムエンジニアという市場価値高めの職を捨てるわけなので年収もダウンです。

Dさんは車の運転が好きだったので、自販機補充の仕事をしいています。ざんねんながら年収は低いです。

やはり、特別なスキルを必要としない職業は年収が低い傾向にあります。その点、システムエンジニアであればプログラミングができるってだけでも世間一般で見ればかなりレベルが高いです。

こういうことってIT業界にいると当たり前すぎてつい忘れてしまいがちなんですよね。自分の市場価値は一度把握しておいたほうが良いです。

Yさん

  • 転職前:IT業界(客先常駐の派遣SE)
  • 転職後:IT業界(web系)
  • 年収の変化:400万円⇒600万円

さて、一番最後にわたしのお話です。Yさんとは、わたくし、yamamotoのYです!

もう聞き飽きたって感じでしょうけど、わたしも新卒で間違って派遣会社のSEになってしまいました。

派遣会社で派遣SEだけど正社員として雇われているという、ややこしい設定です。

調子のいい時は年収450万円くらいだったのですが、会社の状況が悪くなり、年収が400万円程度にまで下がりました。

そういう状況が何年も続いたのです。正直、この会社つぶれるの?ってぐらいでした。

派遣SEというのは、派遣先において、ただの労働力であり常に首切り要員です。日本の景気が下降すれば、バッサバッサと派遣SEが切られます!切られた派遣SEは派遣会社に待機するわけですが、そうすると今度は派遣会社の経営が傾いたり潰れるわけです。

はっきり言って!派遣会社で一生を終えようなんてのはむずかしいです!中間マージン搾取ビジネスという不健全なビジネスが30年~40年続くはずないんです!

わたしが転職を決意した理由は、年収も下がったし、会社の将来も真っ暗だということです。

転職後はweb系で働いています。web系を選んだ理由は、確実に自社製品・自社サービスがあると考えたからです。もう派遣SEは絶対にイヤ!こりごりだったんですよぉ…。

さらに言うと、今後はアプリはwebアプリが主流になると思ったため、将来性を考えてweb系を選びました。

年収は400万円から600万円にアップ!web系は人材不足で引く手あまたというイメージですね。高いお金だしても人を集めているように感じました。

まとめ

  • IT業界からIT業界への転職ならば年収は上がる傾向にある。
  • IT業界から別業界へ転職すると年収は下がる傾向にある。
  • システムエンジニアは市場価値が高い方の職種である。
  • 市場価値を捨てて転職するのはもったいない。
  • 新卒で入る会社は間違って入ってしまうパターンがホントに多い。
  • 間違ってしまいなりたくもなかった派遣SEやっている人、けっこう多い。
  • 意外にみんな、1度は転職を経験している。
  • 希望をかなえる人は転職エージェントを利用&IT業界からIT業界への転職している。

IT業界は本当に派遣SEが多いですからね。わたしは今正社員として働いていますが、いつもプロジェクトチームの4~6割は派遣SEです。

企業はいつでもクビを切れるように派遣SEを使っているんです。それだけ不安定ということもありますし、派遣会社という中間マージンを挟んでいるため給料も低いです。

新卒で派遣SEになってしまう人、すごく多いと思いますが、派遣SEはもう年齢的にどこにも行くところがないという人がやるものです。30~35歳までの間に、必ず本当の正社員のSEになることを強くおすすめします。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、年収低すぎて生活できない、これだけ難しい仕事をこなしているのに…

そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

転職エージェントは複数利用が基本ですが、その中でも候補は絞っておきたいところ。上手に活用して転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につなげましょう。

1位 レバテックキャリア


求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特化した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

2位 マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特価の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

3位 ワークポート

規模の大きいIT特化の転職エージェントの1つ、『ワークポート』です。

最大手の転職エージェントと比較すると目立たない印象はありますが、IT特化型の転職エージェントとしてはメジャーどころに数えられます。

IT業界内の転職でも組み込みからアプリ、アプリから組み込みへの転職はむずかしいこともありますが、未経験の転職に強みがあるのが特徴です。

IT業界内での転職でも、選択肢に幅を持たせるのに向いているといえるでしょう。

おすすめの記事