はじめまして。『低年収SEの転職』を運営する『yamamoto』です。

このブログに訪れる方は、大半がSEをしていることでしょう。もちろんわたしもSEです。

SEは物を作るという意味でとても社会貢献ができている仕事であると感じています。プログラミングとかコンピュータに関する深い知識も必要で難易度も高いです。

ゆえに、それなりに誇り持って仕事ができるのがいいところだと感じています。

ですが、そんなSEにもいろいろ悩みはあるんですよね。数ある悩みの中で、わたしが一番悩んでいたのがお金のこと、『低年収』であるということでした。

低年収SEだった私

まず最初に、簡単にわたしのプロフィールを書いてみます。

名前 yamamoto
年齢 30代前半
性別
職種 システムエンジニア
業界 派遣SEだけど主に組み込み系
家族構成 自分、妻(専業主婦)、子供2人
転職前 年収 400万円~450万円
転職後 年収 600万円

20代後半で年収が400万円

わたしは現在、転職をして年収が600万円を超えるようになりましたが、転職前は年収が良くても400万円しかありませんでした

ちなみに、システムエンジニアの年収は下表が参考になります。

【職種別】ソフト系の平均年収・最高年収・最低年収
ソフト系業種 平均年収 最高年収 最低年収
プロジェクトマネジャー 733 万円 750 万円 700 万円
コンサルタント、アナリスト、プリセールス 652 万円 1320 万円 400 万円
研究・テクニカルマーケティング・品質管理ほか 579 万円 900 万円 200 万円
基盤・インフラ 575 万円 750 万円 450 万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 547 万円 960 万円 240 万円
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系) 543 万円 1100 万円 300 万円
パッケージソフト・ミドルウェア開発 512 万円 850 万円 200 万円
システム開発(Web・オープン系) 512 万円 1350 万円 150 万円
社内SE 510 万円 1100 万円 240 万円
システム開発(汎用機系) 508 万円 1200 万円 200 万円
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 490 万円 800 万円 250 万円
運用、監視、テクニカルサポート、保守 477 万円 998 万円 200 万円

引用:30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度 | リクナビNEXT

上記の表のオレンジの部分が開発系のシステムエンジニアです。見てもらえるとわかるかと思いますが、一般的なSEというのは年収が500万円前後、ということです。

残業代がつかない!?ボーナスカット!?

給料ボーナスカット

わたしの年収が低かったのには理由があります。その理由とは、残業代がほとんど付かなかったということです。

今時あるの?って思うかもしれませんが、わたしが勤めていた会社はいわゆるブラック企業だったと思います。

残業代は出るって言っているくせに、実際に残業して働いてみたら残業代が100%付かないのです。残業代出す出す詐欺です…。

わたしが転職するタイミングでは会社の業績も右肩下がりになってきていて、ボーナスもカットされてしまいました

ボーナス時期になると、他の会社の人たちが浮かれモードに入りますが、わたしはどんよりモード。

  • ボーナスいくら入った!?
  • ボーナスで何買う!?

なんていう話を友人にされると、わたしは何も答えられないし、恥ずかしいという気持ちがあってすぐに話題を逸します。それが辛かった。

正社員なのに派遣社員?仕事にありつけずお金が入らない

わたしが前に勤めていた会社は正社員として入社しました。ですが、実際に仕事をしてみると派遣ばかり。むしろ派遣社員そのものの扱いです。

IT業界ってホントにこういうの多いですよね。アウトソーシングというキレイな横文字を使ってはいますが、偽装派遣、多重派遣だろって思うようなことをやっている会社がたくさんあります

そして、わたしもそういった企業に気づかないうちに入ってしまっていたのです。新卒で。

いろんな会社に派遣されることで、たくさんのスキルが身につくというメリットはありますが、どれも『浅い』です。

また、場合によっては仕事にありつけなくて本社に待機ということもあります。その時は勉強用の資料作成とかして時間を潰します。

残業はもちろんゼロですし、給料が10%~20%カットされたりします。

40代~50代の人だといくところがなくて暗黙的に自主退職を迫られる、実質クビ・解雇と同じです。

お金がないことによる問題

転職前の年収が400万円。この金額は人によっては別にまったく問題にならないという人もいるでしょう。そりゃまぁ、多ければ多いほどいいものですが。

結婚していて子供も2人いる

低年収SEだけど子供二人いる

1人暮らしであれば年収が400万円でもまったく問題ないはずです。都内にそれなりの大きさの部屋があるアパートに住むとかでなければ、余裕で生活できる金額です。実際に、わたしの前の会社では年収400万円の独身者がたくさんいましたし。

ですが、わたしの場合はもう結婚もしてしまっているし、子供も2人いるのです。無計画に子供作るなよ、と怒られてしまうかもしれませんが、夫婦共働きならなんとかなるだろう…と、安易に考えていたのです。

さらに言うとわたしは、

  • お金がないSEだけど…結婚したい!
  • 年収が低いSEだけど…子供ほしい!

結婚とか子供って、お金という数字だけでは決められないものがあるんですよね。お金はなくても人並みの人生は歩みたいんです。

SEでは生活ができなくなりました

いくらわたしが最初に入った会社がブラック企業でも、

  • いつかは昇給する。
  • いつかは残業代がちゃんと支払われる。
  • いつかは昇進する。

そう思っていました。

ですが、わたしが30歳になろうというときになっても、まだ年収が400万円台だったのです。昇給もほとんどしないし、残業代もカットされたりします。

派遣SEなわたしですが、派遣会社にとってSEというのは人ではなく商品なんだということに気が付きました。

そんな状況で、子供がとても手のかかる時期になり、妻は仕事を辞めて専業主婦となりました。

これが決め手でしたね。もう本当に生活することができないし、仮になんとか生活ができたとしても、子供の学費などを貯金していくことは無理だなと感じました

脱低年収のため転職

さあ転職だ!

わたしが転職した理由は単純で、お金です。これだけ。

転職するにはよくキャリアアップしなきゃ、とか言いますが、実際のところはほとんどの人がお金が理由で転職するのでしょう。

いいんです。お金が理由で転職で。転職先の企業にはさすがに隠しておきますが、それ以外のところ、転職エージェントなんかにはしっかり伝えるべきなんです。転職してまた年収400万円台とかになったら悲しいじゃないですか。

それに、転職時に面接をしていると、企業側からお金の話をされたりします。『最初はこれぐらいの金額で始めたいんだけど、どう?』みたいな。

わたしは転職エージェントのほうにはしがない派遣SEという身分もわきまえずに『年収600万円ほしいです!』とハッキリ伝えました。その結果、年収600万円に応じてくれそうな企業が複数社ありました

もし、自分で適当に企業を探したり、キャリアアップだなどと自分の本心を隠していたら、きっとわたしは年収400万円台、良くて500万円台だったでしょう。

子供にある程度習い事もさせるということを考えると、やっぱり年収600万円は必要だと思います。世帯年収で600万円でもいいのですが、どうしても女性は一時的に働けなる期間があるということを知っておいてください。

まとめ

  • 1社目に入る会社は失敗することが多い。
  • 年収が上がらない。
  • 残業代が出ない。
  • よって、お金が入らない。
  • お金がなければ家族4人、養えない。
  • さすがに年収400万円台はありえない。
  • 年収600万円台の企業はそれなりに存在する。

ネット上の情報を見ていると、SEの平均年収は500万円台~550万円台が妥当であるかのように見えます。

ですが、わたしが実際に転職活動をした結果、そんなことは決しないということがよくわかりました。

ネットの情報が100%間違っているというわけではありませんが、具体的にはその人が置かれている状況によって、年収は大きく変わってくるということです。

これはスキルが高い人が年収高いとかそういう意味ではありません。年収は額面ですので手当なども含んだ年収です。独身だと年収が低く見えますが、所帯を持っていると手当の分だけ年収が高くなるように見えます。

年収を上げるコツは簡単に言うと『恥ずかしがらずに図々しく希望の年収をしっかり転職エージェントに伝える』ということだったと実感しています。

おすすめの記事