結婚して子供が産まれた時、家を買おうと思う人が多いでしょう。

その理由は、家族が増えたのでアパートといった賃貸では狭いと感じるからです。わたしが前に住んでいたアパートは2LDKでしたので、子供が2人産まれた時点で、いずれ確実に家が必要になると考え、家を買いました。

しかし、わたしは30歳で年収が400万円程度しかなかった低年収なシステムエンジニアでした。

  • 年収低いんだけど家買えるの?
  • 家を買えたとしても、その後の生活は苦しくない?
  • これから子供にどれだけお金がかかるのやら…住宅ローンで破産しないだろうか?

低年収なのに家を買うなんていうのは心配ごとだらけです。なんせ月収は手取り20万円切るかどうかってぐらいでしたからね。

今回は実際にわたしが低年収ながらも家を買ったあとの生活について書いてみます。

首都圏に家を持つ、我が家の住宅ローン

首都圏に家を持つ

わたしは首都圏に住んでいます。首都圏と言っても都心ではなく神奈川県です。神奈川県の中でも横浜・川崎といった都会ではなく、県央という少しだけ田舎が混ざった場所です。

しかし、それでも地方と比べると家は高いです。土地だけで1,500万円しました。家自体は2,000万円です。

合計して3,500万円の家になります。ほとんど貯金がありませんでしたので、ほぼフルローンです。

妻は育児のため仕事をやめています。借りられるお金をめいっぱい借りた感じですね。

月々の支払い

月々の支払いは8万円です。わたしはとても運が良くて、金利が安いときに家を買えました。

毎月の手取りが20万円程度でも、住宅ローンの返済が8万円程度なら節約すればなんとかなる!と思いました。

ですが…家にかかるお金というのは住宅ローンの返済だけじゃないんですよね。固定資産税、団体信用保険のお金も発生します。

  • 固定資産税(1年で10万円)
  • 団体信用保険(1年で10万円)

ざっくり計算でいくと、月々10万円は家のために抜けていくことになります。とはいえ、これらのお金は住宅ローン控除でほぼ相殺することができます。

住宅ローン控除は家を購入してから10年という期限付きですけどね。わたしの場合、住宅ローンの金利も10年固定なので家は買ってから10年後に出費が大きく増えます!

10年後が怖い!何かしら対策をしないと破産しかねない状況でした。

月々の住宅ローンの支払

住宅ローンは見栄をはらず、無理をしない

家は立地よりも返済できるかどうかを重視

お金があまりないようなら、勤務地が東京であってもできるだけ地方寄りに家を買ったほうが良いです。

わたしの場合は少しでも通勤しやすくなるようにとできるだけ便利な駅、複数沿線利用できる街に家を買いました。

というのも、わたしはそのころ、客先常駐の派遣SEだったため、勤務地がどこになるかがわからなかったんです。なので、バスでどれだけ時間かかってもいいので複数沿線利用できる駅に行けるという立地は外せませんでした。

しかし、実際に住んでみてわかることは、大金はたいて仕事場に通いやすい家買っても、その仕事で満足に生活できるだけのお金が稼げなかったんです。

今は転職していますが、もし転職せずに家を買うというなら、たとえ駅から離れても、通勤時間が2時間になってしまったとしても、とにかく安い家を買うべきです。

中古の物件を購入する

年収が少なくてお金がないなら、安い家を買うしかないです。中古の物件であれば安い家はたくさん見つかります。ただし、これはネガティブな理由ばかりではないです。

家の価値というのは新築であれば家と土地にありますが、30年も経過すれば家、建物の価値はゼロ円みたいなものです。

中古物件を買う人も、場合によってはその土地がほしくて買います。建物はすぐに取り壊します。

築30年以上の家というのは最新の家と比べると劣る部分が多いですが、住めないわけではありません。

わたしの友人の場合、中古物件を買って、そこに住み、お金が貯まったら建て替えるという計画でいます。

安い家を買う

支払いが厳しくなり転職で年収アップを期待する

派遣SEで勤務地が変わるため複数沿線利用できる街に住みましたが、結局転職してしまいました。

通勤しやすかったとしても、家のローンを十分に払えるだけの給料がもらえないのであればさすがに転職しかないです。せっかく買った家、途中まで支払った住宅ローン、無駄にしたくないですよね。

わたしだってそこまで無計画に家を買ったわけではありません。調子の良いときは年収が450万円、500万円近いときもありました。残業たっぷりやればこんなもんです。

ですが、残業たっぷりやったのに残業代がカットされてしまったんです。もちろんボーナスもカット。

手取りの収入が20万円ぐらいで月8万円の返済です。10年後には住宅ローン控除と10年固定金利が終わり金利が上がる。このままでは破産するのが目に見えていたので転職して年収を上げるという選択をしました。

システムエンジニアは転職すれば年収が上がると考えている人も多いのですが、転職にはリスクがあります。

  • 年収が下がるかもしれない。
  • 人間関係で失敗するかもしれない。
  • 仕事が合わないかもしれない。

ですが、わたしみたいに追い詰められていた人間は逆に有利かもしれませんね。転職しないという選択肢はほぼなかったので。

一番不安だったのは、年収が下がるかもしれないってとこですね。やっぱりわたしの周りでも転職して年収が下がったという人がいました。ですが、そういう人には特徴があって、

  • 業界ごと変えて転職。
  • もともと年収の高い会社で働いていた。

上記に該当する人は転職はしないほうが良いかもしれません。業界ごと変えて転職をすれば、それはもう完全に未経験者としての採用で、新卒と同じ扱いされても仕方がないでしょう。

あとは外資系企業や大手企業から中小企業への転職とかですね。もともと年収が700万円ぐらいの人なのですが、中小のIT企業の年収なんて450万円~550万円が妥当でしょう。残業・手当コミコミで600万円になるぐらい。

まとめ

  • 年収400万円で首都圏に家を持つのはちょっと無謀
  • 通勤時間が2時間になったとしても、滞りなく住宅ローンが返済できるよう計画すべき
  • 返済がどうにもならなければ家を売るか、収入を増やすしかない。

転職という選択をしないのであれば、現実的な対策としては通勤時間が長くなってもできるだけ地方寄りに住むことでしょう。その分だけ物価が安くなりますので、生活も楽になるし貯金もできるようになります。

実際にわたしの親戚(現在65歳)で、住宅ローンの支払いができずに家を手放した人がいます。詳しい仕組みはわからないのですが、住宅ローンが払えないとすぐに家が競売にかけられ、住めなくなってしまうみたいです。

その親戚は今、元自宅を賃貸しています。自宅を別の誰かに買われてしまい、その誰かさんから賃貸している、ということです。あと少しで住宅ローン完済というところだったのですが…。

定年までに住む家を確保できなかったために、今でも働いています。家さえあれば、働かずに自由な生活ができていたのでしょうけれどね。

というわけで、家というのは見栄とか通勤に便利とかではなく、まずはちゃんと住宅ローン返済できるか、という視点で購入を検討しましょう。

おすすめの記事