わたしは転職する前、客先常駐の低年収派遣SEをやっていました。年収は400万円程度しかなく、欲しいものが買えなかったです。

男としてはやっぱり車が欲しいんですよね。車は男のステータスです。

わたしは首都圏に住んでいます。首都圏では車が不要だ、なんてことを言う人もいますが、そんなことはありません。

家族もいますので、レジャーに出かけるためにも車は欲しいです。ついでに買い物も車があると荷物が楽に運べて便利ですね。

でも…わたしのような低年収派遣SEの年収では車なんてとうてい買えないんですよ…。いや、正確には買うことはできてもローンで借金が苦しいって話です。

年収が低いSEは車買えない?

買うことはできるが生活は苦しくなる

年収の低いSEであるわたしでも車を買うことはできました。もちろんローンですけどね。

  • 買った車は日産キューブ
  • 総額コミコミ150万円
  • ほぼフルローン

まぁ150万円の車と言えば安い部類です。コンパクトカーですしね。

小さい車に家族4人が乗る。ローンもほぼフル。生活も車内も窮屈です。

ローンで買うしかない

わたしは年収が400万円ぐらいしかありませんでしたし、家族もいましたので貯金がほとんどありませんでした。

車を費用である150万円すらほとんどローンです。たったの150万円…これだけのローンでも生活がかなり苦しくなりました。

かといって一括で支払うことなんてできません。貯金がないというのが問題なのですが、その根本的な問題はわたしの年収が少ないからです。今は転職して年収が600万円を超えるようになりましたが、当時のわたしは本当にお金がなかったんです。

ローンでも高い車は買えない

車は男のステータス。どんな車に乗っているかでその男のランクみたいなものが見えてきます。

できることならわたしもベンツやBMWに乗りたいです!でも年収400万円程度だったわたしが高級外車を買うなんてとうてい無理な話です。

貯金がある程度あればローンと併用で買えたかもしれませんが、所帯を持ってしまうと貯金もないし毎月の生活だけでいっぱいいっぱいです。

高い車を買うなんていうのは夢のまた夢。せめて年収が600万円くらいないと買えないです。年収600万円でも節約+ローンじゃないと買えないですね。

対策

コンパクトな安い車を買う

これはわたしの例ですね。わたしは年収も低いし貯金もなかったので、コンパクトカーを買いました。コンパクトカーは安いし、燃費も良く、維持費も安いです。

コンパクトカーは年収400万円のSEだったわたしにふさわしい車でした。

安い車とはいえ、少ない年収でやっと買った車ですからね。それはもう大切に乗りました。一度も事故を起こしたことはありません!

8年ほど乗ったのですが、傷は飛び石ぐらいなものです。今は年収相応の車に買い替えてしまいましたけどね。

中古車を買う

無理して新車を購入する必要はありません。中古車でも状態の良い車はたくさんあります

…実は、わたしは転職して年収が600万円になり、貯金も年間200万円ぐらいのペースで増えるようになりました。なので、新車で日産セレナ(ハイウェイスターG)を買っちゃいました!総額400万円!もちろん一括払いです!

で、以前乗っていた日産キューブを売りました。8年落ちなのですが、年収400万円という少ない収入で買ったのでとても大切に乗っていました。非常に状態が良く中古車販売の方も『こんな状態の良いものは見たことがない』と言っていたほどです。でも、たった買取価格は30万円でした!(それでもありえないぐらい高額な方なのですが)

何が言いたいかと言うと、中古車にも状態が良く、まだまだ乗れるのに安い車があるってことです。

中古車は当たり外れがあるイメージですが、わたしみたいにすごく丁寧に扱っている人もいるんですよ。新車を買わない、中古車で状態の良い車に乗る、という選択肢もアリです。

日産の中古車

カーシェアリング & レンタルする

そもそも車を買わないでカーシェア、レンタルだけにするという方法もあります。タイムズで車をカーシェアできるのですが、けっこうなお安い金額です。

しょっちゅうレジャーに出かけるとか、買い物はかならず車、という方でなければ、カーシェアだけでも良いでしょう。

タイムズのカーシェア、『タイムズカー』というサービスでは、下記の料金になります。

タイムズカーの料金

これはわたしの生活スタイルでシミュレーションした結果です。だいたい週に1回、1日(12時間)使うという想定です。

レジャーや買い物をしていれば、12時間ぐらいはレンタルしたいですね。画像の左側の料金がタイムズカーの料金なのですが、一ヶ月あたり34,440円となっています。

画像の右側と比較してみるとわかりやすいのですが、マイカーの場合は一ヶ月あたり61,280円になります。

あまり車の使用頻度が高くないという場合にはカーシェアサービスを利用するのも良いでしょう。

デメリットとしては、『今すぐ車使いたい』といった時に、家の駐車場に車がなかったりすることです。家を出たら雨降ってた、車で行こう、といったときにすぐ乗れないです。

シミュレーションを見るとマイカーよりカーシェアのほうがお得じゃん!というように見えますが、車は買い替え時に売っていくらか取り戻せますし、その気になれば20年以上乗ることもできます。一概に上記シミュレーションの通りとは言えないです。

年収を上げる

そもそも、車を買えるだけの十分な収入があれば、

  • 車が買えないとかカーシェア使おうかな?
  • レンタルしようかな?

そんな悩みは産まれないわけです。

かるく上述したように、わたしは転職したことで年収が600万円となり、年間200万円のペースで貯金が増えています。もちろん節約もかなりしています!

おかげさまで、今では日産キューブを売り払い日産セレナに乗っています。広い車で家族ものびのびと乗れるようになりました。おまけにローンなし!車内も生活もゆとりがあります!

ちなみに、わたしは転職に成功したわけではありません。システムエンジニアは年収600万円くらいはわりと普通にもらえるってだけの話です。

多くの人がブラック企業の扱いに屈して自信をなくし年収400万円を当たり前と思ってしまったり、妥協を繰り返す負のスパイラルにハマってしまっているだけなんです。

わたしみたいに身分をわきまえず、転職エージェントにずうずうしく『年収600万円希望(どやっ!』ってことを伝えればいいんです。派遣社員だったし資格もなかったので、かなりふてぶてしかったと思います!

まとめ

  • 低年収派遣SE(年収400万円)の自分に車は高嶺の花だった。
  • 買ったはいいが、安いコンパクトカー。(日産キューブ)
  • ほぼフルローンで生活はさらに苦しくなった。
  • 年収が低いうちはコンパクトカー、中古車のどちらかしかない。
  • 使用頻度が低いのであればカーシェア、レンタルもアリ。
  • そもそもの問題は年収が低いことなので、年収を上げる手段を考えるべき。
  • 日産セレナ…いいよ!

年収が低いって切実な問題ですよね…。その気持ち、わたしは本当によくわかります。わたしの場合は結婚もしたし家も買ったし車も買ったし…お金の悩みだけは尽きなかったです。

転職をすればかならずしも年収があがるということが確約されるわけではありませんが、少なくとも低年収しかくれない会社で昇給を期待するよりはずっと可能性は高いです。

もし、わたしが前の会社で昇給を期待していたら何十年もかかっていたし、一生年収600万円には到達することはできなかったと思います。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、年収低すぎて生活できない、これだけ難しい仕事をこなしているのに…

そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

転職エージェントは複数利用が基本ですが、その中でも候補は絞っておきたいところ。上手に活用して転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につなげましょう。

1位 レバテックキャリア


求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特化した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

2位 マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特価の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

3位 ワークポート

規模の大きいIT特化の転職エージェントの1つ、『ワークポート』です。

最大手の転職エージェントと比較すると目立たない印象はありますが、IT特化型の転職エージェントとしてはメジャーどころに数えられます。

IT業界内の転職でも組み込みからアプリ、アプリから組み込みへの転職はむずかしいこともありますが、未経験の転職に強みがあるのが特徴です。

IT業界内での転職でも、選択肢に幅を持たせるのに向いているといえるでしょう。

おすすめの記事